骨粗しょう症と死亡率

骨粗しょう症と死亡率

カルシュウムは血液中の濃度を一定に保つために優先的に使われています。骨に蓄えられるのはこの余剰分になります。カルシュウムをたくさん摂ったからと言って動脈硬化になることはほとんどありません。

逆にカルシウムが不足することで副甲状腺ホルモンが破骨細胞を活性化して、骨からカルシュウムを溶かしだし、血液へと大量に送られることとなります。

カルシュウムが過剰になると動脈に血管壁に沈着して石灰化することがあります。カルシュウムが不足すると動脈硬化を注意する必要があります。

骨粗しょう症が進むことにより骨以外のところにカルシュウムが溜まりやすくなり、骨がボロボロになるだけでなく心疾患のリスクも高くなります。

閉経後の女性の骨量と死亡率の関係を調べた結果では、骨量が少ないほど死亡率が高く、心筋梗塞での死亡率も高くなっていることが報告されています。

骨粗しょう症と死亡率
骨粗しょう症と死亡率

セルライトにも効果的、きれいに痩せる人気のダイエット!!

首肩こりや腰痛、骨盤矯正に整体

貴女も小顔美人に!高知で人気の小顔矯正

院概要

スタッフ紹介

ブログ

お問い合わせ

予約サイト 

Before&After写真多数掲載サイト

高知 ダイエット 前田カイロプラクティック整体院HP

Instagram ダイエット

Instagram カイロ&整体、小顔矯正

Facebook

サイトマップ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください