免疫力の低下の原因

免疫力の低下の原因

免疫力に低下はどうして起きるのでしょうか。その原因は大きく分けると2つの要素があります。

1つは、自律神経で体温や脈拍、血圧、消化、吸収、排便、排尿などを無意識で微調整している神経のことです。自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあります。

交感神経は、体温や脈拍などを高め、身体を活性化させる役割があります。副交感神経は、消化、吸収、排便、排尿などに関与し、交感神経とは逆に身体をリラックスさせる役割を担っています。この2つの自律神経がお互いにバランスをとりながら働いています。

免疫力をこの自律神経の影響を受けていて、自律神経の働きが乱れると免疫力は機能を低下させてしまいます。

ストレスや肉体疲労などが重なって、風邪をひいたりするのは、この自律神経の乱れからくる免疫力の低下が原因になっています。

2つ目は、免疫を担う白血球そのものの働きによるものです。バランスの悪い偏った食生活は、免疫細胞の働きを低下させてしまいます。また、低体温では白血球は、うまく働けなくなってしまいます。

セルライトにも効果的、きれいに痩せる人気のダイエット!!

免疫力の低下の原因
免疫力の低下

首肩こりや腰痛、骨盤矯正に整体

貴女も小顔美人に!高知で人気の小顔矯正

院概要

スタッフ紹介

ブログ

お問い合わせ

予約サイト 

Before&After写真多数掲載サイト

高知 ダイエット 前田カイロプラクティック整体院HP

Instagram ダイエット

Instagram カイロ&整体、小顔矯正

Facebook

サイトマップ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください