太っている人の食事傾向

太っている人の食事傾向

残業や夜勤などで夜遅くまで働いている人や仕事などで夜の外食が多い人に太っている方が多い傾向にあります。

夜遅く食事をされる方は、ビーマルワン(BMAL1)の働きにより、食べたものが脂肪として体内に蓄積されやすく夜は活動量が少なくなるため摂取したカロリーが消費されずらいことが太りやすい原因と考えられます。

BMAL1は、体内の生活リズムを整えていて、脂肪細胞内で脂肪酸やコレステロールの合成する働きを活発にし、脂肪細胞を多くため込もうとする働きがあります。脂肪細胞内に蓄積させる働きをしている間は、脂肪細胞を分解する働きを抑制する作用があります。

BMAL1が体内に存在する量は時間帯により異なり、増減は太陽光と関係があります。日中は少なくなり夜に増加する傾向にあり、午後10時ごろから急激に増加をし午前2~4時ごろがピークになります。そのため、深夜の食事は、BMAL1の増加により脂肪をため込みやすく、余分な食事は控えた方がいいようです。

生活スタイルの変化で夜遅い食事をされる方が増えてきています。人間の身体は日中に糖質からエネルギーを産生、補給をし夜間は脂肪酸を消費してエネルギーを作り出していると考えられています。夜遅くの食事は脂肪が蓄積されやすくなるので、ダイエットを考えると、BMAL1が増加し始める午後10時までに食事を済ませることがお勧めです。

太っている人の食事傾向
太っている人の食事傾向

セルライトにも効果的、きれいに痩せる人気のダイエット!!

首肩こりや腰痛、骨盤矯正に整体

貴女も小顔美人に!高知で人気の小顔矯正

院概要

スタッフ紹介

ブログ

お問い合わせ

予約サイト 

Before&After写真多数掲載サイト

高知 ダイエット 前田カイロプラクティック整体院HP

Instagram ダイエット

Instagram カイロ&整体、小顔矯正

Facebook

サイトマップ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください