太る二つのパターン

太る二つのパターン

太るには、二つのパターンがあります。

1つは脂肪細胞増殖型肥満で、これは脂肪細胞の数が増えることにより肥満になるものです。特に脂肪細胞は、生後1年間思春期妊娠末期は脂肪細胞の数が増えやすく、この時期に太ると後々太りやすくなってしまいます。

もう1つは脂肪細胞肥大型肥満で、これは、もともとある脂肪細胞のサイズが大きくなるパターンの肥満です。大人になってから太るのは、脂肪細胞の数ではなく、サイズが大きくなって太るこのパターンになります。思春期や妊娠末期に太っていた人は、脂肪細胞の数が多いため太りやすくなっているのです。

一般的なダイエットは、脂肪細胞の数は減らさずにそのままで、サイズを小さくして痩せていく方法で、脂肪細胞の数はそのままなのでリバウンドしやすいのです。脂肪細胞の数を減らすことで痩せていくことで、リバウンドしにくいダイエット法として考えられたのが、脂肪溶解ダイエットになります。

太る二つのパターン
脂肪溶解ダイエットはリバウンドしにくいダイエットです

セルライトにも効果的、きれいに痩せる人気のダイエット!!

首肩こりや腰痛、骨盤矯正に整体

貴女も小顔美人に!高知で人気の小顔矯正

院概要

スタッフ紹介

ブログ

お問い合わせ

予約サイト 

Before&After写真多数掲載サイト

高知 ダイエット 前田カイロプラクティック整体院HP

Instagram ダイエット

Instagram カイロ&整体、小顔矯正

Facebook

サイトマップ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください