子供のころ太っていた人は太りやすい

子供のころ太っていた人は太りやすい

子供のころ太っていた人は、大人になっても太りやすいのです。それは、子供のころに数が増えた脂肪細胞のサイズ自体が大きくなってしまうからなのです。

脂肪細胞の数が大きく増える時期は、乳児期思春期妊娠末期のみで、子供のころに太っていた人は、普通の人よりは脂肪細胞の数が多いため、脂肪細胞が少し大きくなっても太ってしまうのです。

太るパターンは2通りあって、脂肪細胞の数が増えるパターン脂肪細胞の大きさが大きくなるパターンで、一般的に太るのは脂肪細胞の大きさが大きくなるパターンです。

そのため、脂肪細胞の大きさを小さくする一般的なダイエットでは、脂肪細胞の数が変わっていないためリバウンドしやすいのです。

子供のころに太っていた方は、脂肪細胞の数が一般の人よりは多いため、大人になっても太りやすいのです。

脂肪溶解ダイエットは、脂肪細胞を溶解して排出しますので、脂肪細胞の数が減るためリバウンドしにくいダイエット法です。

免疫力を下げるため、新型コロナウィルス感染リスクの高い食事制限のような制限系ダイエットはお勧めできません。

セルライトにも効果的、きれいに痩せる人気のダイエット!!

子供のころ太っていた人は太りやすい

首肩こりや腰痛、骨盤矯正にお勧め整体院

貴女も小顔美人に!高知で人気の小顔矯正

院概要

予約サイト

Before&After写真多数掲載サイト

高知 ダイエット 前田カイロプラクティック整体院HP

Instagram ダイエット

Instagram カイロ&整体、小顔矯正

Facebook

MAP

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください