太る2つのパターン

太る2つのパターン

太るには2つのパターンがあります。

1つは脂肪細胞増殖型肥満で、脂肪を蓄える脂肪細胞の数が増えることにより太ってしまうパターンです。脂肪細胞の数は、ほぼ決まっていて生後1年思春期妊娠末期だけは、脂肪細胞の数が増えやすい時期であり、この時期に太っていた人は太りやすい体質になってしまいます。脂肪細胞の数が人よりも多いため、一つ一つの脂肪細胞が少し大きくなるだけで他の人よりは大きく太ってしまうのです。

もう一つのパターンは、脂肪細胞肥大型肥満になります。このパターンは、脂肪細胞の数は一定で、もともとある脂肪細胞の中に脂肪を蓄えて、1つ1つの脂肪細胞の大きさが肥大することで、太ってしまいます。大人になってから太るのはこのパターンが主になります。

一般的なダイエットでは、脂肪細胞の大きさを小さくすることで痩せていくために、脂肪細胞増殖型肥満で以前に太っていた方がダイエットをして痩せても、脂肪細胞の数は、多いままであるため、直ぐにリバウンドしてしまいます。

脂肪溶解ダイエットは、この点に注目したダイエット法で、脂肪細胞の数を減らすために、脂肪細胞増殖型肥満の方や脂肪細胞肥大型肥満の方にも有効で、リバウンドしにくいダイエット法として注目を集めています。

太る2つのパターン
太る2つのパターン

セルライトにも効果的、きれいに痩せる人気のダイエット!!

貴女も小顔美人に!高知で人気の小顔矯正

首肩こりや腰痛、骨盤矯正にお勧め整体院

院概要

予約サイト

Before&After写真多数掲載サイト

高知 ダイエット 前田カイロプラクティック整体院HP

Instagram ダイエット

Instagram カイロ&整体、小顔矯正

Facebook

お問い合わせ

MAP

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください