2つの太るパターン

2つの太るパターン

太るパターンは、2つあります。1つは脂肪細胞の数が増えるパターン、そして、もう1つが1つ1つの脂肪細胞が 太くなるパターンです。

一般的に脂肪細胞の数が増えるのは、乳児期最後の半年間思春期妊娠末期の3つの時期です。その為、この時期に太るのは、脂肪細胞の数が増えることが原因となってきます。

大人になってから太るのは、脂肪細胞の数ではなく、1つ1つの脂肪細胞が大きくなることが原因で、太っていくことになります 。

このパターンの人でも、脂肪細胞の数を少なくすることにより、効率的にダイエットをすることができます。そうすることにより、脂肪細胞の数が減るため、太りにくい、リバウンドしにくい身体へと体質が変わっていきます。

脂肪溶解ダイエットは、食事制限をすることなく、脂肪細胞の数を減らすことができるダイエット法として注目を集めています。

2つの太るパターン
脂肪溶解ダイエット、お尻への施術  女性が 担当します。

セルライトにも効果的、きれいに痩せる人気のダイエット!!

貴女も小顔美人に!高知で人気の小顔矯正

首肩こりや腰痛、骨盤矯正にお勧め整体院

院概要

お問い合わせ

予約サイト

Before&After写真多数掲載サイト

高知 ダイエット 前田カイロプラクティック整体院HP

Instagram ダイエット

Instagram カイロ&整体、小顔矯正

Facebook

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください